1. トップページ
  2. 診療科のご案内
  3. 循環器科

循環器科

ご挨拶

循環器科では心血管疾患の内科的治療、外科的治療を実施しています。
先天性心疾患の治療経験は非常に豊富で、多くの新しい治療法を発表しています。
心エコーでは医学領域や海外の獣医大学との共同研究も積極的に行っており、最新の技術を診療に活かすことが可能となっています。

診療内容

  • 心電図、胸部X線、心エコー、心カテーテル検査(DSA)による診断
  • 他院で心臓病と診断された症例のセカンドオピニオン
  • 治療法に関するインフォームドコンセント(内科的治療法と外科的治療法のそれぞれのメリット、デメリット)
  • 薬はかかりつけの獣医さんでもらいつつ、定期的なチェックのみ当院でというのも歓迎します
  • 現時点ではスタッフ数の関係もあり、僧帽弁閉鎖不全症の外科的治療法は原則として実施しておりません
  • 先天性心疾患に関しては開心術、インターベンションいずれも対応可能です
  • 心臓に不安のある症例の外科手術も歓迎しております。当科ではCTも撮影可能ですので、診断から手術まで1回の麻酔で済ませることも可能です。

循環器科主要設備

  • 動物用人工心肺装置
  • 外科用デジタルX線透視装置(DSA)
  • デジタル心臓超音波診断装置(心エコー)
  • 心エコー解析ソフトウェア(DAS- RS1)
  • 血管内エコー(IVUS)
  • 経食道プローブエコー(TEE)
  • ホルター心電計、解析装置(MemCalc)
  • 心電・心音図
  • デジタルX線画像診断システム(CR)
  • 医用画像ファイリングシステム(PACS)
  • CTスキャン
  • 血液ガス分析装置
  • 血圧計

治療内容

  • 各種先天性心疾患の外科的治療(動脈管開存症、肺動脈狭窄症など)
  • インターベンション法による低侵襲的な治療法(動脈管開存症、心房中隔欠損症、心室中隔欠損症、肺動脈狭窄症など)
  • 各種心疾患に対する内科的治療
  • 不整脈疾患の治療(ペースメーカー植え込みも含む)
  • 肺高血圧症の病態把握と治療
  • 胸腔疾患(気胸、乳糜胸、胸水、横隔膜ヘルニア)の治療
「循環器科」診療スタッフ

スタッフ

  • 教授 田中 綾(獣医学博士、小動物外科設立専門医、獣医循環器学会理事、公益社団法人日本獣医学会評議委員、動物臨床医学会評議員ほか)
  • 小動物外科レジデント 竹内亜樹
  • 産官学研究員 合屋征二郎
  • 特別協力研究員 田中隆志
  • レジデント課程修了 上村暁子
  • 大学院生 島田香寿美
  • 大学院生 松浦功泰
  • 大学院生 PITIPAT KITPIPATKUN
  • 大学院生 吉田智彦
  • 大学院生 並木良輔
  • 大学院生 馬丹夫
  • 大学院生 榎園昌之
  • 大学院生 Hanan Attia
  • 大学院生 Hussein Elhusseiny
  • 研究生 Ahmed Said Mandour
  • その他研修医、学部学生

主な症例報告

  1. Uemura A, Tanaka R, Nakata TM, Namiki R, Tanaka T, Matsuura K and Yoshida T. Unruptured right sinus of Valsalva aneurysm in a Maltese dog: a case report. Journal of veterinary science. 2019;20:e20.
  2. Tanaka R, KocatÜRk M, Uemura A, Saril A, Levent P and Yilmaz Z. Bir Köpekte Ventriküler Septal Defekt ve Pulmonik Stenozis. Kafkas Universitesi Veteriner Fakultesi Dergisi. 2019;25:729-730.
  3. Tanaka N, Takizawa T, Tanaka R, Okano S, Funayama S and Iwasaki T. Pilot prescription survey of antineoplastic agents: real-world data from veterinary teaching hospitals in Japan. Vet Med Sci. 2019.
  4. 合屋征二郎, 佐藤琴美, 島田香寿美, 上村暁子,田中綾. 低ナトリウム血症を伴う慢性僧帽弁閉鎖不全症にトルバプタンが奏功した犬の1例. 動物臨床医学. 2018;27.
  5. Yoshiyuki R, Fukushima R, Tanaka R and Machida N. Assessment of right ventrivcular function using tissue doppler imaging in dogs with pulmonary stenosis. Journal of Animal Clinical Medicine. 2018;27:137-143.
  6. Uemura A, Tanaka T, Chantawong P, Kitpipatkun P and Tanaka R. Development of an insoluble hyaluronic acid membrane as an effective material for the prevention of post-thoracotomy pleural adhesions in dogs. Thai Journal of Veterinary Medicine. 2018;48:493-498.
  7. Uemura A, Tanaka R, Nakata M, Matsuura K, Goya S, Shimada K, Chantawong P, Pitipipatukun P and Hamabe L. Hybrid technique for closing an atrial septal defect using an Amplatz® canine duct occluder in a small breed dog. Australian Veterinary Practitioner. 2018;48:19-21.
  8. Uemura A and Tanaka R. Unilateral Renal Agenesis in an Aged Dog with Severe Urine Accumulation and Urinary Tract Infection. Kafkas Universitesi Veteriner Fakultesi Dergisi. 2018;24:153-157.
  9. Uemura A, Nakata TM, Tanaka R: Hybrid surgical treatment for 2 feline cases of intrahepatic shunt. Can Vet J 59:47-51, 2018.
  10. Uemura A, Hamabe L, Shimada K, et al: Evaluation of symptomatic improvements observed by switching to alacepril from other ACE-Inhibitors in dogs with mitral valve regurgitation. The Thai Journal of Veterinary Medicine 48, 2018.
  11. 福島隆治, 大森貴裕, 合屋征二郎, et al: シロスタゾール投与により腎機能が改善した犬の2例. 動物の循環器 50:15-19, 2017.
  12. 上村暁子, 田中綾, 合屋征二郎, et al: バルーン拡張術を実施した重度大動脈弁性狭窄の犬の1例. 動物臨床医学 26:186-191, 2017.
  13. Uemura A, Tanaka R: Surgical closure of patent ductus arteriosus with persistent left cranial vena cava in an infant dog. Human & Veterinary Medicine 9:106-109, 2017.
  14. Uemura A, Tanaka R: Hybrid Surgical Approach Using Amplatzer Occluder for Treatment of VSD in a Cat, in Macedonian Veterinary Review, Vol 40, 2017, pp 1-5.
  15. Tanaka R, Uemura A: Yaşlı Bir Köpekte Şiddetli İdrar Birikmesi ve İdrar Yolu Enfeksiyonu İle Birlikte Unilateral Renal Agenezis. Kafkas Universitesi Veteriner Fakultesi Dergisi, 2017.
  16. Uemura A, Haruyama T, Nakata M, et al: Hybrid technique coil embolisation for intrahepatic arterioportal fistula in a cat: case report. JFMS Open Rep 2:2055116916642256, 2016.
  17. Shimizu M, Tanaka R, Hamabe L, et al: Tetralogy of Fallot with pulmonary atresia in a dog. Australian Veterinary Practitioner 45:39-44, 2015.
  18. Hamabe L, Kim S, Yoshiyuki R, et al: Echocardiographic evaluation of myocardial changes observed after closure of patent ductus arteriosus in dogs. J Vet Intern Med 29:126-131, 2015.
  19. Shimizu M, Tanaka R, Fukushima R, et al: Evaluation of diastolic blood flow dynamic of the left ventricle in dogs with mitral valve regurgitation using vector flow mapping. Iranian Journal of Veterinary Research 15:93-98, 2014.
  20. Nakata TM, Tanaka R, Hamabe L, et al: Transarterial coil embolization of an abdominal aortocaval fistula in a dog. J Vet Intern Med 28:656-660, 2014.
  21. Fukushima R, Yoshiyuki R, Machida N, et al: Extreme tetralogy of Fallot in a dog. J Vet Med Sci 75:1111-1114, 2013.
  22. 田中綾: 心疾患患者における血圧評価法. 動物臨床医学 21:143-146, 2012.
  23. 小林正行, 北見友香里, 山本慎也, et al: 外科療法を施した肝外型門脈体循環シャント罹患犬55例の臨床と病理. 動物臨床医学 21:157-164, 2012.
  24. Nakao S, Tanaka R, Hamabe L, et al: Cor triatriatum sinister with incomplete atrioventricular septal defect in a cat. J Feline Med Surg 13:463-466, 2011.
  25. Fukushima R, Tanaka R, Suzuki S, et al: Epidemiological and morphological studies of double-chambered right ventricle in dogs. J Vet Med Sci 73:1287-1293, 2011.
  26. 飯野泰子, 福島隆治, 曽田藍子, et al: プロスタサイクリン製剤が著効した、乳糜胸を伴う肺高血圧の猫の一例. 動物臨床医学 19:51-56, 2010.
  27. 福島隆治, 田中綾, 浜部理奈, et al: 収縮不全病態の猫に対するピモベンダンの臨床効果. 動物臨床医学 19:1-7, 2010.
  28. 佐々木紀之, 福島隆治, 鈴木周二, et al: 犬の動脈管開存症におけるコイルオクルージョンの術中評価に経食道心エコーを用いた1例. 動物臨床医学 18:115-119, 2010.

PageTop