1. トップページ
  2. 診療科のご案内
  3. 循環器科

循環器科

ご挨拶

循環器科では心血管疾患の内科的治療、外科的治療を実施しております。
また、最近では血管奇形(門脈体循環シャント)の症例も数多く実施するようになりました。

診療内容

  • 心電図、胸部X線、心エコー、心カテーテル検査(DSA)による診断
  • 他院で心臓病と診断された症例のセカンドオピニオン
  • 治療法に関するインフォームドコンセント(内科的治療法と外科的治療法のそれぞれのメリット、デメリット)
  • 薬はかかりつけの獣医さんでもらい、定期的なチェックのみ当院でというのも歓迎します

循環器科主要設備

  • 動物用人工心肺装置
  • 外科用デジタルX線透視装置(DSA)
  • デジタル心臓超音波診断装置(心エコー)
  • 経食道プローブエコー
  • 心電・心音図
  • ホルター心電図
  • デジタルX線画像診断システム(CR)
  • 医用画像ファイリングシステム(PACS)
  • CTスキャン
  • 血液ガス分析装置
  • 血圧計

治療内容

  • 各種先天性心疾患の外科的治療(動脈管開存症、肺動脈狭窄症など)
  • インターベンション法による低侵襲的な治療法(動脈管開存症、心室中隔欠損症、肺動脈狭窄症など)
  • 各種心疾患に対する内科的治療
  • 不整脈疾患の治療(ペースメーカー植え込みも含む)
  • 門脈体循環シャントに対する外科的治療
  • 胸腔疾患(気胸、乳糜胸、胸水、横隔膜ヘルニア)の治療
「循環器科」診療スタッフ

スタッフ

教授 福島 隆治(循環器認定医)
准教授 田中 綾(外科専門医)
共同研究員、レジデント課程修了 上村暁子
博士研究員 Derma Aytemyz
博士研究員 許懐哲
博士研究員 浜部 理奈
特別共同研究員 合屋征二郎
大学院生 金 修敏
大学院生 中田マリ
大学院生 河口貴恵
大学院生 山田修作
大学院生 Pinkarn Chantawang
大学院生 田中隆志
大学院生 島田香寿美
大学院生 松浦功泰
大学院生 吉田智彦
大学院生 並木良輔
大学院生 馬丹夫
その他研修医、学部学生

主な症例報告

  1. Uemura A, Nakata TM, Tanaka R: Hybrid surgical treatment for 2 feline cases of intrahepatic shunt. Can Vet J 59:47-51, 2018.
  2. Uemura A, Hamabe L, Shimada K, et al: Evaluation of symptomatic improvements observed by switching to alacepril from other ACE-Inhibitors in dogs with mitral valve regurgitation. The Thai Journal of Veterinary Medicine 48, 2018.
  3. 福島隆治, 大森貴裕, 合屋征二郎, et al: シロスタゾール投与により腎機能が改善した犬の2例. 動物の循環器 50:15-19, 2017.
  4. 上村暁子, 田中綾, 合屋征二郎, et al: バルーン拡張術を実施した重度大動脈弁性狭窄の犬の1例. 動物臨床医学 26:186-191, 2017.
  5. Uemura A, Tanaka R: Surgical closure of patent ductus arteriosus with persistent left cranial vena cava in an infant dog. Human & Veterinary Medicine 9:106-109, 2017.
  6. Uemura A, Tanaka R: Hybrid Surgical Approach Using Amplatzer Occluder for Treatment of VSD in a Cat, in Macedonian Veterinary Review, Vol 40, 2017, pp 1-5.
  7. Tanaka R, Uemura A: Yaşlı Bir Köpekte Şiddetli İdrar Birikmesi ve İdrar Yolu Enfeksiyonu İle Birlikte Unilateral Renal Agenezis. Kafkas Universitesi Veteriner Fakultesi Dergisi, 2017.
  8. Uemura A, Haruyama T, Nakata M, et al: Hybrid technique coil embolisation for intrahepatic arterioportal fistula in a cat: case report. JFMS Open Rep 2:2055116916642256, 2016.
  9. Shimizu M, Tanaka R, Hamabe L, et al: Tetralogy of Fallot with pulmonary atresia in a dog. Australian Veterinary Practitioner 45:39-44, 2015.
  10. Hamabe L, Kim S, Yoshiyuki R, et al: Echocardiographic evaluation of myocardial changes observed after closure of patent ductus arteriosus in dogs. J Vet Intern Med 29:126-131, 2015.
  11. Shimizu M, Tanaka R, Fukushima R, et al: Evaluation of diastolic blood flow dynamic of the left ventricle in dogs with mitral valve regurgitation using vector flow mapping. Iranian Journal of Veterinary Research 15:93-98, 2014.
  12. Nakata TM, Tanaka R, Hamabe L, et al: Transarterial coil embolization of an abdominal aortocaval fistula in a dog. J Vet Intern Med 28:656-660, 2014.
  13. Fukushima R, Yoshiyuki R, Machida N, et al: Extreme tetralogy of Fallot in a dog. J Vet Med Sci 75:1111-1114, 2013.
  14. 田中綾: 心疾患患者における血圧評価法. 動物臨床医学 21:143-146, 2012.
  15. 小林正行, 北見友香里, 山本慎也, et al: 外科療法を施した肝外型門脈体循環シャント罹患犬55例の臨床と病理. 動物臨床医学 21:157-164, 2012.
  16. Nakao S, Tanaka R, Hamabe L, et al: Cor triatriatum sinister with incomplete atrioventricular septal defect in a cat. J Feline Med Surg 13:463-466, 2011.
  17. Fukushima R, Tanaka R, Suzuki S, et al: Epidemiological and morphological studies of double-chambered right ventricle in dogs. J Vet Med Sci 73:1287-1293, 2011.
  18. 飯野泰子, 福島隆治, 曽田藍子, et al: プロスタサイクリン製剤が著効した、乳糜胸を伴う肺高血圧の猫の一例. 動物臨床医学 19:51-56, 2010.
  19. 福島隆治, 田中綾, 浜部理奈, et al: 収縮不全病態の猫に対するピモベンダンの臨床効果. 動物臨床医学 19:1-7, 2010.
  20. 佐々木紀之, 福島隆治, 鈴木周二, et al: 犬の動脈管開存症におけるコイルオクルージョンの術中評価に経食道心エコーを用いた1例. 動物臨床医学 18:115-119, 2010.

PageTop